• ホーム
  •  > ひとつのエレガンス。究極のエレガンス

ひとつのエレガンス。究極のエレガンス


「うんん……カットソーはよう分からん。進化したいけどな……」
日頃そう語るのは、NADELLデザイナーの北村ヨナ。
モードの世界を歩んできた彼女には、カットソーというものがどうもピンとこないという。
そんな彼女が、1年間4型の美しいカットソーと真に向き合い誕生したのが
「美しいTシャツ」シリーズです。

ウェ ディングドレスから洋服までの全ラインを手がける北村は、
長年の研究と技術から2度目のサンプルを作らずに製作を進めるのが常でした。
私たちスタッフも驚 いたのが、今回に限っては3度もサンプルを製作したこと。
最後はバインダー幅を何ミリにするかで、朝方まで悩むことさえあったという。

1年前に世界のメゾンブランドが作るごくごくシンプルで美しい1枚のカットソーを目にしたことを
きっかけに、美しいエレガントなTシャツ作りを極めたいと企画したのが今回のシリーズでした。

「T シャツ1枚に真剣に向き合う自分がおかしくてしょうがなかったけれど、
学んだのは作りながら感動することだった。それが我がものづくりの人生や」と語る北村。
何年たっても崩れない誤魔化しのきかないシンプルなシルエットだからこその難しさに直面し
「わかんない、わからない……」と嘆きながらも製作にのめり込む姿。
間近で見てきた私たちだからこそ伝えられる、
究極のTシャツが完成するまでのストーリーをお届けします。
 

 

一枚で透けない究極的な素材を求めて

「エレガントで、一枚でも透けないTシャツが欲しい」。
その願いを叶える素材を求め、出会ったのがコットンとは思えないほどの光沢感を放つ
オーガニックコットン「アルティメイト・ピマ」でした。
NADELLが主に使用している、超長綿の「スーピマーコットン」のさらに上をいく
究極のOGCと評される「アルティメイト・ピマ」。

超長綿とは、綿花の中の繊維の平均の長さが平均35mm以上のもの。
糸が長いため反射率が上がりシルクのような光沢感を放ちます。
手触りがいいのはもちろん、綿花繊維が長いことで細くても強度を保ち、
薄くて上質な生地を作ることができます。
そんな超長綿の中でも、世界一の長いと言われる38.7mm以上を 誇るのが
「アルティメイト・ピマ」です。

昼夜の寒暖差が大きい標高1,200mの高知で栽培された綿花は、
繊維の中空率が高く生地にハリと 腰を与え、風合いを長く保つことができます。
適度なヌメリ感を持ちながら、ドライタッチで心地よい柔らかさが特徴です。
使い込むほどに肌になじみ、長く愛用できることから
「究極のオーガニックコットン」と呼ばれる素材です。
肌触りと上質感に惚れ込み、エレガンスを表現する素材に
アルティメイト・ピマを採用することになりました。

 

エレガンスを極める、究極的なシルエットへのこだわり

丸胴ではなく、あえて縫い目を施す

OGCブランドのインナーに多いのが、脇に縫い目がない「丸胴(まるどう)」。
じつは、NADELLのお洋服ラインには丸胴商品が少ないのです。
それは、インナー一枚であってもシルエットにこだわる北村の想いが隠れています。
今回も丸胴ではなく背中に縫い目を施したデザインに仕上げました。

NADELL の定番のレースインナーにも施された背中の縫い目。
これは、美しい曲線を描く女性のカラダのことを考えたデザインです。
くびれた曲線を表現するために生地の端を曲 線でカットし縫い合わせることで、
平面ではなく立体的なシルエットになるよう計算されています。
これにより、一枚で過ごす時もファッション性がプラスされ、
ジェケットを着ていても脱いでも上品なTシャツが誕生しました。

 

VでもUでもない究極的なネックライン

自らもパターンを引く北村。なかでもTシャツの顔となるネックラインは
「最終的になんだか分からなくなってしまうほど、何度も何度も線を引き直した」といいます。
最後はパタンナーではなく、自分で引いたラインを採用したところにも、
Tシャツへかける強いこだわりが垣間見れます。



朝方まで考え抜いたバインダー幅

最高のものを作りたいという想いから、
日本でも高い技術を誇る縫製工場さんと協力し製作を行いました。
そんなプロが一瞬根を上げるほど、難しい要求をしたのがネックラインのバインダー(※)幅。
朝方まで考え抜いた幅のバインダーは、カジュアル過ぎずインナーでもない、絶妙な表情を生み出しています。

※バインダーとは?
生地の端にラッパ管といわれる特殊なアタッチメントを用いて
3折り(あるいは4折り)した生地を巻き込んで縫っていく仕様のこと。

 

洗っても型崩れしない職人技

デザイナー自身の30年に及ぶ服作りの経験と技術で培ってきたノウハウを入れ込んだ、
今回のシリーズには、ここでは語れないほどの秘伝のレシピが隠れています。
型崩れを最小限に留めるため、生地の質感調整、型崩れしないための職人の縫の技術、
究極的なパターン研究が合わさり完成したのがこのラインです。
北村の探究心はまだまだ終わりが見えないようで
「この子達は進化させていくからね〜」とつぶやいています。

お客様の手元に届く前に、洗濯実験なども内部で行うのがNADELL流。
このTシャツシリーズは、一週間ほど連続着用をしたTシャツに対し、手洗いと天日干し、
手洗いと浴室乾燥機など様々な方法で3度の洗濯実験を試みました。
1cm弱の伸びはあ るもののネックラインの型崩れもなく美しいラインを保つことが分かりました。
ハンガー干しをしてもラインが崩れないのには驚きです。
(北村の愛猫・aki ちゃんも実験に加わり、Tシャツをモミモミしてくれました笑)

               自宅でリラックスモードのakiちゃん



ものづくりの精神が宿る究極のTシャツ

徹底的なものづくりの精神を持つ(A型/血液型)デザイナー北村ヨナと、
日本のものづくりの職人技を集結させた究極的な一枚。
上品な女性らしさを引き出すこのTシャツは、
本物を知る大人の女性のワードローブに欠かせない一枚になることを確信しています。

NADELL Kyoto 本店、うめだ阪急百貨店(10F)、NADELL公式オンラインショップに加え、
2016年3月31日に銀座・数寄屋橋交差点に開業する「東急プラザ銀座」内の「ヒンカリンカ」(5F)で取り扱いがスタート予定です。


 

取り扱い店舗(2016年3月31日同時発売)
 ・NADELL Kyoto 本店  
阪急うめだ本店10階 SOUQクローゼット NADELL店
NADELL公式オンラインショップ
東急プラザ銀座「ヒンカリンカ」(5F)

長袖プルオーバー:14,000円
半袖プルオーバー:12,000円
ノースリーブプルオーバー:11,000円
キャミソール:9,000円    ※全て税抜表記です

※オーガニック・テキスタイルの世界基準「GOTS(Global Organic Textile Standard)」認証(※)を受けた
「アルティメイド・ピマ」のみを使用しています。

 

GOTS認証とは?
原材料がオーガニックであるだけではなく、生地の生産・加工や保管・流通のすべての過程で
環境的・社会的な基準を満たした原綿に与えられています。
使用す る染料や化学物質に毒性を含まないこと、合成糊や塩素系の漂白剤の使用禁止。
そして労働条件や労働環境の整備、児童労働の禁止など
様々な厳しい基準をクリアしたもののみに与えられます。

 

© 2016 humming All rights reserved.

検索

カテゴリー

カラー

ライン

NADELL blog NADELL wedding NADELL world peace project